2022年8月18日
Breaking News

通信システムの向上でIoTにもたらすメリット

携帯電話の通信システムは加速度的に進化を遂げている中、次世代として注目を集めているのが5Gです。5Gは従来の100倍以上の通信速度によってデーターの送受信などがよりスムーズに行えるようになると言われています。
携帯電話専用のアプリのダウンロードに掛かる時間も、従来の1/100秒という速さで完了させられることで待つストレスを軽減することが可能です。この通信速度の向上によってもたらされるメリットの一つに、遅延の改善があります。
従来の通信システムの場合、遠隔操作で指示を出した時にタイムラグが生じることも多く、遅延によるトラブルが起こるケースも少なくありません。通信速度が飛躍的に進化した5Gであれば、距離に関係なくリアルタイムで正確な情報を伝達することができるのでトラブルを減らすことができます。

複数端末の同時接続もメリットの一つです。技術力の進化に伴って、IoTを使って日常生活で使用する家電品を携帯電話の操作で作動させることができるようになっています。
しかし、これまでの通信システムでは接続可能な範囲が限定されていたため、1度に利用できる端末が限定されて不便を感じる人も多かったのが実情です。
5Gは接続可能な範囲が10倍以上に広がったことで、複数の端末への同時接続ができるようになっています。これにより、音声システムに対応している家電製品と1度の操作で作動させることも可能です。施設や会社で採用され始めている案内ロボットなども同様に、複数台同時に指令を出すことができるようになります。