犬と猫の運動神経を比較!どっちの方が優れているの?

inuneko

ペットで買う動物で代表的なものといえば犬と猫ですよね。どちらが好きかで好みが分かれることも多いですが、どちらの方が運動神経が良いのかという点も気になるところです。
犬と猫の運動神経を比べたらどちらの方が優れているのか見ていきたいと思います。

犬と猫の祖先は同じだった!

犬と猫は見た目も大きさも全く違いますよね。でも、実は祖先は同じだったんです。「ミアキス」といういたちのような生き物が祖先だといわれています。そこから進化していく過程で大きな違いが生まれたというわけですね。
なぜ進化の上で違いが生まれたのかといえば、生活をしていた場所が大きく影響していると考えられています。広い平原で生活をしていくことを選んだ方が犬になり、森で木に登ったりしながら生きていった方がになりました。

犬と猫の運動能力を比較してみましょう

生活する場所に合わせて、必要な運動能力が身についていきます。犬は平原で敵に襲われても逃げ切れるように速く長く走れるように爪が出て、キック力や持久力が長けました。また、遠くの的にも気づけるように聴覚や嗅覚も猫に比べて発達しています。
一方猫は木に登ったり飛び降りることが多い森の中で暮らしていたため、上下運動が得意になります。ジャンプ力も優れていて自分の体調の5倍ほどジャンプできるんだとか。森の中で獲物に気付かれないように狩りができるように物音を立てずに歩くこともできます。

犬と猫の運動能力の違いは、どこで暮らしてどのように狩りをしてきたかということに尽きるわけです。運動能力を比較しようと思っても、比べる分野が違うのでなかなか難しいものがあります。仮に犬と猫が戦ったとすると、長期戦が得意な犬と短期戦タイプの猫なので、どちらも苦戦するでしょう。すぐに決着をつけられれば猫に有利かもしれませんが長期戦に持ち込めば犬が勝利するでしょう。
体のつくりやどんな運動能力が優れているのかが、生活していた場所によって異なるというのはとても興味深いですよね。もちろん猫と犬以外の動物にも同じことがいえます。例えば、チーターなどはネコ科ですが走るのが早く持久力もあります。どちらかというと犬のような運動能力ですよね。それはチーターが平原で生活していたためです。

犬と猫の運動神経に優劣はつけられない

犬と猫はどちらも優れている特徴を持っています。それぞれに違う生き方をしてきた動物ですからどちらの方が優れているという優劣をつけることはできません。それぞれ得意分野があって魅力的ですよね。